沿革・概要へ
業務内容
種鶏部門
種鶏部門 全景
ヒヨコになる有精卵を生産するための親鶏を飼育する部門です。種鶏会社より購入した雛を飼育します。
適切な温度、水、給餌量管理、また、光量の調整で鶏が定時定量定質の卵を産むようにコントロールします。
規定日程でワクチンを接種し鶏が病気にならないようにコントロールもしています。
種鶏 = PS(ParentStock)
・宮城工場、関東支店、和歌山工場、四国支店(岡山・香川)、福岡支店、南九州支店(宮崎・大分) 全国36農場
孵卵部門
孵卵部門 作業風景

受精卵を孵卵機に入れ21日間温めてヒヨコに孵す(かえす)部門です。
孵化したヒヨコは当日中か翌日の朝一番にブロイラー肥育農場へ納品されます。
取引先様のオーダー次第で鑑別、ワクチン接種を行います。
適時に孵化させることができるか0.1℃単位での温度管理が求められます。
・東北支店、宮城工場、関東支店、中部支店、和歌山工場、四国支店、福岡支店、南九州支店 全国9工場
ブロイラー部門
ブロイラー部門 ヒヨコ
孵卵場で生産されたヒヨコに餌と水を与え肥育する部門です。
現在の鶏は48日前後で3kgほどに成長し、出荷されます。
いかに体重差が出ない様均一に飼育しながら短い日数で体重を乗せるか、斃死を出さないかが腕の見せ所です。
自社のヒヨコに問題が無いかモニタリングをする役割も有しています。
ブロイラー雛 = CC(CommercialChick)
・宮城工場、関東支店、中部支店、南九州支店 全国10農場
業務(営業)部門
業務(営業)部門 イメージ
営業は取引先様のオーダーを取りまとめたり、自社の品質・評価がどうなのか聞き取ったりと取引先様と生産現場を繋ぐ役割です。お客様に次もモリのヒヨコが良いと言っていただけるよう、声を現場にフィードバックすると共に、日々生産性向上に向け、現場がスムーズに働ける環境を整備します。
・全事業所

TOPへ戻る

各地拠点へ